心臓について


心臓は胸の中央のやや左寄りにあり、心筋と呼ばれる筋肉で出来ています。 心臓は中隔により、4つの部屋(心房2つ、心室2つ)が存在します。

右側は酸素の少ない血液を肺に送り、左側は肺から酸素の豊富な血液を受け取っています。

心臓の重さはおよそ280gで1日に10万回打ち続け、7200ℓに相当する血液を送り出しています。 心臓には独自の神経系はありますが、脳神経や中枢神経の支配も受けています。

また心臓のリズムは感情・不安・ストレスの影響下にありますので、血中の酸素量が減少すると鼓動は増加します。 また心臓が必要とする酸素量は、脳に続き第2位であり、酸素が欠乏すると心筋は壊死します。

<心臓の調子が良くないと>

何個も当てはまった場合だけ

①心拍障害(頻脈、徐脈、不整脈)

②理由のない息切れ

③胸の締め付け感(心臓の神経系の異常)

④胸がつかえる(何か大きすぎるものを飲み込んだような感覚)

⑤肩甲骨間と左腕の痛み(一時的なもの)

⑥顎の痛み(歯が浮くような痛み)

⑦首の痛み

⑧脇腹の急激な痛み(攣る)

⑨めまい、頭が空っぽになった感じ (地に足がついていない、集中力がないと感じたら)

⑩蒼白感

⑪50代以降の男性

<心臓の健康を守るために>

[身体的な見地から]

①トレーニング(筋肉をつけて全身の血流量をあげる)

②胸郭を開く

③できるだけ歩くこと

④温低差、温度差に注意

[栄養的な見地から]

①禁煙

②油、砂糖、アルコール、ハムやソーセージ、クリーム、アイス、塩分を避ける

③ブロッコリー、キャベツ、玉ねぎ、ニラ、人参、レンズ豆、クレソン、グレープフルーツ

  メロン、桃、リンゴ、プルーンを接収する

④オリーブ油を使用する

#心臓 #肩甲骨 #めまい #首 #締め付け #予防 #トレーニング #禁煙 #栄養 #運動 #健康 #ストレス

新着記事
特集記事
​カテゴリー
​月別記事一覧
ソーシャルメディア