目の疲れについての予防


目の疲れを取る予防の順番としては・・・

先に目を温めてからした方が効果は大きいです。

A 目を温める;周りについている筋肉が緊張しているので、温めることで、柔らかくする 

 (血流を良くする)  

※手で軽く温めてもらっても構いません。

B 目の運動;目をいろんな方向に動かす。

 (柔らかくした筋肉に刺激を入れて、正常に働かす)

C ツボ(全て左右あります)

①晴明(せいめい);目全般に効果あり

 位置;目頭の少し上のくぼんだ部分

 押し方;鼻筋を挟むようにします。眼球の方ではなく、鼻筋に向かって押します

②攅竹(さんちく);目の疲れ解消、ストレス、頭痛の緩和、老眼や眠気解消、

            顔・目元のむくみ

 位置;眉頭の眉間側、少しへこんでいる部分

 押し方;左右の親指か人差し指をそれぞれあてて、優しく上に持ち上げるように押す

③魚陽(ぎょよう);目のむくみやたるみ、頭痛などに

  位置;眉毛の中心辺り、黒目の真上にある

  押し方;親指の腹を垂直に当てて、上に押し上げるようにする。

このツボはあまり押しすぎない!

④絲竹空(しつくくう);片頭痛、視力の回復、長時間目を酷使した時、緊張をほぐす

  位置;眉尻辺りの少しくぼんだ部分

  押し方;人差し指の腹をあてて、弱めの力で押す

⑤太陽(たいよう);目のかすみ、疲れ目からの頭痛、老眼

 位置;眉尻と目尻の中心部分の少し外側、骨のふちにある

 押し方;両手の人差し指の腹をあてて、中指・薬指を添える

⑥承泣(しょうきゅう);目のかすみ、目の周りのむくみ解消、小じわや目のクマ

              たるみ

  位置;真正面を向いたときの、眼球の瞳孔部分の真下にあります。

     目の下にある骨のふち辺り

  押し方;目を閉じて、人差し指・中指・薬指を平行に置き、

       中指がツボにくるように配置します。中指で骨を下に押すように刺激する。

⑦風池(ふうち);疲れ目からくる首・肩のこり、頭痛、不眠など、

           風邪の初期症状にも有効

  位置;うなじの髪の生え際の少し上辺りにあり、

     首の中心の太い筋肉から指2本分外側の少しくぼんだ所

  押し方;親指の腹をあて、頭の中心に向かって押し込むように刺激する。

⑧瞳子髎(どうしりょう);目のかすみや視力回復

  位置;目尻の外側のちょい横のくぼみ

  押し方;目の横なので、軽く押す

⑨行間(こうかん)

  位置;足の甲の第1指・第2指の間、みずかきの近位、赤白肉際

#目 #疲れ #血流 #予防 #ツボ #カイロ #カイロプラクティック #鍼灸 #運動 #むくみ #浮腫み #視力 #緊張 #かすみ #美容 #ストレス

新着記事
特集記事
​カテゴリー
​月別記事一覧
ソーシャルメディア
  • Instagram
  • Facebook Basic Square

慎龍院

SHIN・RYU・IN

🏣592-8342

大阪府堺市西区浜寺船尾町西1丁240番地

tel   072-265-1186

cel   090-8233-2802(院長直通)

mail  shinya29.t@gmail.com

診療日/木曜・日曜・祝日休診

​※電車でお越しの方

  南海本線 「諏訪ノ森駅」 徒歩 約15分

​※車でお越しの方

  駐車場の場所ですが、Pと書いてある

  3番と5番とAに止めてください​

診療/電話受付時間 (完全予約制)

月曜・火曜・金曜 10時~19時

​水曜 10時~17時

土曜 10時~13時

© 2020 by 慎龍院.