• Instagram
  • Facebook Basic Square

​※電車でお越しの方

  南海本線 「諏訪ノ森駅」 徒歩 約15分

​※車でお越しの方

  駐車場の場所ですが、Pと書いてある

  3番と5番とAに止めてください​

慎龍院

SHIN・RYU・IN

🏣592-8342

大阪府堺市西区浜寺船尾町西1丁240番地

tel   072-265-1186

cel   090-8233-2802(院長直通)

mail  shinya29.t@gmail.com

診療日/木曜・日曜・祝日休診

診療/電話受付時間 (完全予約制)

月曜・火曜・金曜 10時~19時

​水曜 10時~17時

土曜 10時~13時

© 2019 by 慎龍院. 

胆嚢について・・・

2015/06/27

 

胆嚢について 胆嚢は肝臓の下面にあり、西洋ナシのような形をしています。

 

 

 

(1枚目の図) 胆汁は肝臓により、毎日1ℓ作られていて、胆嚢で貯留されます。

 

 

 

その後、胆汁は濃縮されて、10%程度まで減少します。 胆汁は脂質を分解してコレステロールを排除する役割を持っています。

 

 

 

 

 

 

なので、胆汁酸塩レベルが低すぎる or コレステロール値が高すぎると胆石ができやすくなります。(2枚目の図) そして、胆嚢の機能が低下すると胃の機能は低下しやすくなります! これが男性の人だと、左肩に痛みの反応が出やすくなります。

 

 

 

<胆嚢の調子が良くないと>

 

①右の肋骨の下に重苦しさか激痛がある

 

②右の肩甲骨下

 

③頚部(首)が主に左側から痛み始め全体に回る

 

④嗅覚、視覚が過敏になる(肝臓の影響)

 

⑤吐き気、嘔吐(胃の症状)

 

⑥消化不良

 

⑦息にリンゴのような匂いが混じる

 

⑧不規則に襲う頭痛、週末に多い

 

⑨粘膜障害、副鼻腔感染症、アレルギー

 

⑩短気

 

 

 

<胆嚢の健康を守るために>

[身体的見地から]

 

①呼吸運動をする(ヨガ、深呼吸、太極拳)

 

②リラックスする時間も作る

 

③右側の肋骨下のマッサージを簡単でいいので自分でする

(へそから始めて肋骨の下まで向かうとかなり敏感な部分がある。そこを軽めに揺する。) (しかし、唾液が出るまで!!)

 

④アジャストメント(矯正)を受ける

 

 

 

[栄養的な見地から]

 

①ヘルシーな食事

 

 

 

 

Please reload

新着記事
Please reload

特集記事
<